【Excel VBA】Outlookメールを作成(3添付ファイル編)

Excelワークシートの設定

B1:宛先
B2:CC
B3:タイトル
B4:本文
B5:添付ファイル1のパス
B6:添付ファイル2のパス
シート名:”メール”

Excelワークシートの設定

VBA

Sub メール作成()
Application.ScreenUpdating = False
‘シート設定
Dim DI As Worksheet
Set DI = Worksheets(“メール”)
‘Outlookアプリケーションを起動
Dim outlookObj As Outlook.Application
Set outlookObj = CreateObject(“Outlook.Application”)
‘Outlookメールを作成
Dim mymail As Outlook.MailItem
Set mymail = outlookObj.CreateItem(olMailItem)
‘メール情報を設定
mymail.To = メール.Range(“B1”)
mymail.CC = メール.Range(“B2”)
mymail.Subject = メール.Range(“B3”)
mymail.BodyFormat = olFormatHTML
Dim Body As String
mymail.Body = メール.Range(“B4”)
‘メールにファイルを添付
‘添付ファイル1
Dim attachedfile1 As String
If Dir(メール.Range(“B5”)) <> “” Then ‘ファイルが存在すれば
attachedfile1 = メール.Range(“B5”) ‘このセルを参照する
Else: MsgBox “添付ファイル1が存在しません” ‘ファイルが存在しなければメッセージ表示する
End If
‘添付ファイル2
Dim attachedfile2 As String
If Dir(メール.Range(“B6”)) <> “” Then
attachedfile2 = メール.Range(“B6”)
Else: MsgBox “添付ファイル2が存在しません”
End If
‘ファイルを呼び出す
Call mymail.Attachments.Add(attachedfile1)
Call mymail.Attachments.Add(attachedfile2)
‘メール表示
mymail.Display
End Sub

この記事がお役に立ちましたら、是非いいねボタンをお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました